2013年05月28日

自分

このブログを読んでいる人は

俺が死んだら少しさみしいはずだ。

それは蚊の命くらいの儚さで消えてしまう悲しみだけど

それでいい。

誰も俺に手を差し伸べないだろう。

でもそれでいいんだ。

役に立つ友情なんて方が眉唾だ。

少しの悲しみでいい。

俺がちゃんとした時に少しホッとしてくれればいい。

俺が幸せになった時に少し勇気が湧いてくれればいいのだ。

俺は他人に全く影響を与えない石ころではない。

俺が生きた証だわ。


(´・ω・`)





【関連する記事】
posted by 銅歯 at 21:04| 自分と向き合う心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。